今までに、見たことも無いような 素敵で、豪華な写真集、” Impressions “ ( 印象 ) のご紹介です。

読書の喜びを、再発見できるように、今のファッションを見せながら、古典文学が、読みたくなるように仕組まれた とてもユニークな美しく、ロマンチックな写真集。
フランスのパリの副市長 , クリストフ•ジラール氏も推奨していますよ。

“ 凄いね ! 素晴らしい写真と、素敵なファッションのオンパレード !
おめでとう! “

この優美な写真集には、ロマンチックな古典文学とオペラの物語が、50点の写真とともに、合計25 紹介されています。
例えば、マルセル・プルーストの「 失われた時を求めて」からの章、ジェーン・オースティンの「 自負と偏見 」、トーマス・マンの「 ヴェニスに死す」、そして、プッチーニの「 トスカ 」、ヴェルディの「 トラヴィアータ / 椿姫 」、ビゼーの 「 真珠取り 」、プッチーニの 「 ツーランドット 」などなど、、、

 


読書が苦手な人々も、この写真集の豪華絢爛なファッション写真の数々を垣間見れば、古典文学さえ、意気込んで読みたくなる事、間違い無し です。
色々なお祝い事、例えば、誕生日や、クリスマスなどのプレゼントにも、最適なアイタムになるでしょう。幾つの年齢の方にも、喜んで頂ける筈です。
まずはご覧下さい!

写真 : レオン•サパースティン
構想と制作 : ニコラス•ニニ•イズミ

定価 3,500円 ( 送料別 )

お問い合わせ
 ( English ) info@studio-FAB.com
 ( 日本語 )    style2020.CO@gmail.com


制作者のご紹介

Leon Saperstein

レオン・サパースティン はカリフォルニア州生まれ。大学を卒業した後、フランスのパリに、10年ほど居住する。 マリ•クレール、エル、ハーパーズ バザー、ロフィシェル、コスモポリタン、タトラーなど、数々の国際的で令名の高いファッション誌のエディトリアルの写真を撮ってきた。 “ ライトによる絵画 “ という技巧を駆使して、色々な種類の一連の美術作品を創作するのに多忙な毎日を送っている。 彼の作品は、世界を舞台に、様々なギャラリーや、美術館で展示され続けている。

Nicolas Nini Izumi

ニコラス•ニニ•イズミ は日本の南方で生まれた。東京、ロンドン、パリに住んだ後、サンフランシスコに住在。 彼は、大の犬好き、音楽、読書、オペラ鑑賞と、同等に。 ファッション誌のエダィター、諸々のファッション ショーのスタイリスト、 そして、サンフランシスコのシャネルのブティックで、ウインドウ ディスプレイなどの仕事も手掛けた。 カメラマンのレオン•サパースティンとも、サンフランシスコや、パリでよく仕事をする。 彼の英雄は ココ•シャネルと、ピエロ•トージ ( 衣装デザイナー)だ。